音楽と介護を楽しむ家

将来を見据えながら、現在の暮らしを楽しむ、ゆとりの住まいです。
お施主様のお宅は、たくさんのお客様がいらっしゃるようですが、来て頂くどの方にも「いい家だと褒められる」とおっしゃって頂きました。

お施主様のご要望は、以下の2つでした。

  • 義理のお父様との同居を決意され、今は大変元気なお父様が介護を必要になった時に、介護がしやすいようにと車いすでの移動を考慮すること
  • 音楽の道に進まれてマリンバを演奏するお嬢様がご近所に気がねなく、仲間達と音楽を楽しめるようにと、防音仕様のお部屋にすること
介護への配慮

平面プランは車いすの稼働区域である廊下は通常の幅よりも広く設定し、洗面所、トイレ、浴室等の入口も通常のものより開口が大きなものを設置しています。
また、介護をすることになれば、さらに忙しくなるであろう奥様のことを考えて、一階はキッチンからの動線を重視して、回遊性のある(家の中をぐるぐると回れる)間取りにしました。

介護への配慮 Point1

正面に見える浴室の引戸は3枚引になっていて、開口幅も大きくとれます。開閉の動作も折戸より楽にできます。
洗面脱衣室は大きく取り、洗面台と洗濯機の脇に座って脱衣ができるスペースを設けました。

介護への配慮 Point2

車いす用に広くした廊下から正面に見えるのは、洗面所の入口です。引戸で把手も大きく、通常の引戸より開口幅が大きいので、車いすでもラクラクです。

介護への配慮 Point3

道路から玄関へのアプローチもスロープにしました。
手摺と、足元にはセンサー付きの常夜灯も設置していますので、夜の帰宅も安心です。
高齢になるワンちゃんにも階段よりもずっとスムーズに上り下り出来ます。

PAGE TOP

防音への配慮

防音への配慮 Point1

音楽を楽しむ個室には、内装仕上の他に防音ドアや2重サッシ、遮音材やの吸音素材等を施しました。
下への振動を軽減するために天井の組み方も工夫してあります。

防音への配慮 Point2

防音としての施工は、床には遮音材を敷き、壁には吸音材を施してあります。
仕上げには床と天井に吸音素材の仕上げで、窓には2重サッシを施しました。

PAGE TOP

開放感のあるエントランス

開放感のあるエントランス Point

音楽を楽しむ個室には、内装仕上の他に防音ドアや2重サッシ、遮音材やの吸音素材等を施しました。
下への振動を軽減するために天井の組み方も工夫してあります。

PAGE TOP

ちょっと一工夫

ちょっと一工夫 Point

音楽を楽しむ個室には、内装仕上の他に防音ドアや2重サッシ、遮音材やの吸音素材等を施しました。
下への振動を軽減するために天井の組み方も工夫してあります。

PAGE TOP

ページの先頭へもどる