花火を楽しむバルコニー

開放感あふれる明るい間取りと、収納にも工夫がある住まいです。
延床28.00坪とややコンパクトな大きさですが、「完成後に見に来られたお友達から『もっと大きい家に見える』と好評。2階のベランダも格子になっているので、床に寝ていても風が吹き抜けて気持ち良い。夏の花火を見ながらのビールが楽しみだ。」とお言葉を頂きました。

南側に広がる田んぼの先に、夏には花火が楽しめる位置にあるK邸は、屋根付きの広いバルコニーと、愛用の食器 洗乾燥機をラクラク置ける大きなキッチンが特徴です。
公共事業により移転で新たに家を建てる事となったお施主様の、まずは、新天地の土地を探すことからお手伝いさせて頂きました。候補地でのお見積もりやプランニングを何度かさせて頂き、ようやく現在の所に決定。土地を含めた総予算の中で、最大限のお手伝いをさせて頂きました。

オリジナルキッチン
オリジナルキッチン Point1

キッチンをプランニングする際には、当時お住まいであったキッチンの使い方や、持って行きたい家具や機器をお聞きして、計画をします。今回は、後置きの食器洗乾燥機を使い続けたいとのご希望があり、システムキッチンを組みかえてシンクの右脇に大きくスペースと専用のコンセントを設けました。
そのため、キッチンの長さは3.5mと一般のキッチンよりも長いものとなっています。

オリジナルキッチン Point2

キッチンの反対側の壁にはちょっとした調味料や小物を収納する収納棚を造作してあります。普段使用する調味料の高さと壁につけておく予定のテーブルの高さを計算してのサイズです。

PAGE TOP

収納スペースの工夫

収納も各所にひと工夫こらしてあります。

キッチン脇のパソコンコーナー

階段下のスペースは、複合機でもある大きなプリンターを設置するために、中にコンセントを用意して、あえて扉を設けずに開口にしました。キャスター付きの収納棚を入れれば、ここで大きなプリンター等を邪魔にならずに設置できるようになっています。パソコンの関係の書類や小物も一緒に収納できるスペースです。

納戸の採光と換気

和室から入る三帖の納戸には、収納するものの邪魔にならない位置に光を取り入れる窓があります。窓があるため日中は電気をつける必要がありません。防犯ガラスにすることで面格子を付けないので、より明るく感じます。
24時間換気の換気扇が納戸内に設置されているので、窓を開閉してわざわざ換気する必要もありません。

洗面所の収納

1坪サイズの洗面所内に、タオルや着替えを収納するスペースを設置しました。扉の下部には洗濯物のかごが置けるようになっています。
下部のくぼみの奥にはコンセントも設置しているので、冬は小さな暖房器具等を置くことが出来ます。着替えの時に邪魔にならないようになっています。

PAGE TOP

風通しへの配慮
風通しへの配慮 Point1

最初に御主人からご要望が出たのは、2階で寝ていても、風がベランダの壁でさえぎられることなく、体に風を感じて寝ることができるようにしてほしい。窓を大きくあけて欲しいとのことでした。
そこで、前面は横格子のみでの手摺にしました。 隣の部屋の窓も大きく取って横手摺を付けていますので、低い位置から風が入ります。

風通しへの配慮 Point2

ベランダの中から見た写真です。隣の部屋からの出入りもできるようになっています。また、ベランダ内に東と西の両方に開口を設けてあるので、いろんな方向からの風を受けることができます。壁に物干しの金物を付けていますが、屋根があり、屋根に物干し金物も設置出来るので、洗濯物の大量干しも楽々クリアです。

PAGE TOP

開放感のあるエントランス

どうしても玄関入って目の前に水周りのドアがきてしまうので、飾りガラスを入れて玄関ホールのアクセントにしています。奥様のご要望で、 お掃除のしやすさにもこだわりましたので、デザインガラスの桟の入れ方にも配慮しています。

PAGE TOP

ページの先頭へもどる