木のぬくもりを感じる家

二世帯で暮らす本格木造注文住宅です。
木をふんだんに使った家にしたいと思っていたので、特に一階の和室はとても気に入っています。お客様も多いので、続きの和室が大活躍しそうです。
どの部屋も日当たり、風通しもよく、自然を感じる心地よい住まいになりました。

奥様のご両親と同居が決まったお施主様。まず、二世帯住宅を計画するにあたって、選択肢として普通の一軒家として全くの同居スタイルをとるか、玄関まで分けた完全二世帯住宅にするかなど様々検討されました。
検討の末、せっかく同居するのだからお互いのコミュニケーションを大切にしたい、とのご家族でのお話合いで、玄関はひとつ、浴室もひとつ、毎日の食事も一緒で、という計画を立てました。
親世帯、子世帯ではお仕事の関係など、生活時間帯が違ってくることを配慮し、娘さんご夫婦の住む二階には、ミニキッチンとトイレを設置し、時間を気にせず使える生活空間としました。
お客様も多く、大人数が集まったときに広く使える空間がご希望で、来客の際には一階の和室と居間、キッチンを続けて広く使えるようにしました。また、和室は木をふんだんにあらわし、木の香りあふれる高級感のある仕上がりとなりました。

一体感のある広々とした和室、リビング、キッチン
和 室

左の戸襖はホールからの出入り口で、右側はリビングとの間仕切りで3本引きの戸襖になっています。開け放つことでリビングの続き間としての機能を有します。
鴨居の高さを2mにして洋間の建具高さに合わせています。付け鴨居・長押を付けないスタイリッシュな仕上がりになりました。

和室から覗いたリビング

リビングは、隣接する和室との調和を考え、一部の壁を真壁とし柱をあらわしにしました。床も畳にしています。

キッチンから覗いたリビング

天井高を高く取り梁をみせています。木材が見えることにより木のぬくもりが感じられます。

PAGE TOP

1階 和室
1階 和室 Point1

ご両親の寝室となるこの部屋は10帖の和室に、タンス置き場となる1.5帖分の板の間、1帖分の吊り押入に地窓が付いています。壁は珪藻土(けいそうど)で仕上げています。
吊り押入の下の床は、部屋と段差のない畳敷きにしたので、部屋が広く見える効果があります。また、奥には窓が付いていて、開けると心地よい空気の流れを得られます。

1階 和室 Point2

照明器具は天井埋め込みになっています。
白木枠に障子がはめ込まれています。

PAGE TOP

露出ストリップ階段
露出ストリップ階段 Point1

階段下はよく物入れなどになりますが、1~4段目位までは高さがないのでデットスペースになりがちです。階段の蹴込板の無いストリップ階段にすることにより、ホールが広く感じます。

1階 和室 Point2

照明器具は天井埋め込みになっています。
白木枠に障子がはめ込まれています。

1階 和室 Point3

2階リビングに上がってくる階段部分の手摺は、1階デザイン手摺と同じ部材を使用しています。

PAGE TOP

2階目隠し壁とミニキッチン

奥のキッチンが見えないように付けた目隠し壁に、アクセントで四角い開口を開けています。

2階目隠し壁とミニキッチン Point

小屋裏収納に上がる収納階段。
季節ものや、めったに使用しないものを収納しておけば、部屋の物入れに収納するものが減り、すっきりします。

PAGE TOP

2階 和室
2階 和室 Point1

2階の和室は主に若夫婦がお使いになるので、大壁仕様にしました。
大壁の和室は、真壁和室のように柱をあらわさず、費用も真壁に比べて抑えることができ、洋間の壁と同じように耐力壁にすることもできます。モダンな和室のイメージに仕上がるので、若い方には人気があります。
壁・天井ともクロス仕上げにし、現代的な印象の和室になりました。

PAGE TOP

ページの先頭へもどる