終の住処の耐震補強

耐震診断をきっかけに、耐震補強と将来を見据えたリフォームをされました。どの空間も明るく使いやすくなり、とても喜んでくださいました。
また、長い間通ってくれた大工さん達とのコミュニケーションもスムーズに行き、忙しいリフォーム中(荷物の移動お疲れ様でした。)も楽しく過ごされたようです。

昭和47年に建てられた現在のお住まいに、地震への不安を感じられていたようで、耐震診断をきっかけに耐震補強と、数々の間取りへの不満の解消。
この先、足腰が弱った時のために1階のみで生活できるようにとのご希望から、今回のリフォームが始まりました。

耐震補強

断熱材も全く入っていなかった、トタンの外壁を剥がし、軸組み材の金物補強やスジカイ、構造用合板を施し、通気工法で外壁材にサイディングを施工しました。
基礎のクラックの補修等も行い、地震への不安を大幅に軽減してあります。
窓や玄関ドアも交換して、断熱性や遮音性も格段に向上しました。
サビの出ていた宅内の給排水管等も全面改修し、これから30年間耐えうる建物に変身です。

PAGE TOP

和室とキッチンの間取り変更

南西側に面していた元和室。日当たりよく住みやすい位置にありながら、いまひとつその空間を使いきれていない感じでした。
また、襖の奥にあるキッチンが暗くて寒いことや、居間までの遠さ等があり、キッチンをここに持ってきて対面式のキッチンにすることを提案しました。

和室を解体したところです。内側の壁を解体すると、すぐに外壁材であるトタンの裏側が出てきました。スジカイも細いのが一本だけです。床の間の柱の上に梁が掛かっていたので、新たな梁をいれて構造補強しています。

旧和室がリビングと一体になって対面式のキッチンに仕上がりました。風通しを考えて窓も新たに配置です。
元のキッチンがあった場所は、大きなクローゼットを設置して、ゆくゆくは寝室として使用します。キッチンだけでなく浴室、洗面所、トイレも動線を整理して、明るく使いやすく、変身しました。

PAGE TOP

ページの先頭へもどる