売却

一般的な不動産取引のながれを、簡単にご説明します。

不動産取引のながれ 購入 売却 賃貸経営
Step 1 ご相談

まずご売却の経緯やお客様のご希望をお伺いします。
ご売却の場合の条件や時期を整理します。
売却の決定にあたって、相談しておかなくてはならない人はいませんか。
権利関係や、購入時の借入金が残っていないかなど、しっかりとご確認ください。

Step 2 売却価格の決定

ご売却物件を調査した上で、市場動向や周辺の取引事例から査定価格を算出いたします。
簡易査定ではおおよその相場をお知らせできますので、どうぞご利用ください。
実際には、簡易査定の金額に、物件のこれまでの経緯(リフォームやお手入れなど)や付加設備の有無、売却の条件などを考慮して売却価格を決定します。

簡易査定はこちら

Step 3 媒介契約

媒介契約とは、宅建業者に販売を依頼する契約です。
一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約といった三種類の形式があります。契約条件とともに契約書にはしっかりと目を通して、分からないことがあれば遠慮なくご質問ください。
この媒介契約を結んだら、いよいよ販売活動に入ります。

Step 4 販売活動

ご売却の条件にあった購入希望者を探します。
宅建業者が物件を登録するレインズ、アットホームといった登録により、広く募集できます。
またご希望に合わせて現地広告やオープンハウス、ポスティングチラシなどで積極的に販売活動もいたします。
購入希望者を物件にご案内して、見ていただきます。

Step 5 ご契約

購入希望者から正式に購入の意思表示があれば、ご売却条件や引渡日など具体的な契約条件を調整します。
合意されましたらご契約となります。ご契約の際、買主様から手付金を受領します。
引渡しに向けての予定を確認してください。

Step 6 お引渡し

引渡し日までに、借入金の返済、抵当権の抹消手続き、各種書類の準備、引越しなどを行います。
契約条件にしたがって、現地に置いていく付帯設備や処分するものなどの最終確認をしてください。
残代金を受け取り、固定資産税を精算し、登記の申請をします。
買主様に鍵をお渡ししてお引渡し完了です。

ページの先頭へもどる