クオリティ

山下工務店の注文住宅には、「質へのこだわり」があります。
お客様に最適な住まいを適正な価格でご提供します。
耐震性、耐久性はもちろん、シックハウス対応、バリアフリー対応など、それぞれのお客様の現在から未来にかけて安心、安全な住宅をご提供できるよう、日々努力しています。

基礎・構造
「ベタ基礎」を採用

一般的な布基礎に比べ高い耐震性があり、建物全体の荷重を面で受けるため、不同沈下を防ぎます。

基礎の壁厚

性能保証住宅標準仕様120㎜のところ、150㎜としています。

基礎コンクリート高

公庫基準300㎜以上のところ380㎜としています。

鉄筋の間隔

300㎜以内とされているところですが、200㎜ピッチとしています。確かな基礎をお約束します。

基礎パッキン

今までの工法に比べ、2倍近い換気性能があるといわれています。
床下の入り組んだコーナーの隅々まで乾燥した床下環境をつくります。それにより断熱材の性能を維持し、土台の腐れも防ぎ、シロアリや害虫もつきにくくなります。

ホールダウン金物

柱と基礎を結合し、地震のときに土台から柱が抜けるの防ぎます。金物の取り付けは、釘ではなくビスによる取り付けです。

剛性床

水平方向から受ける力に耐える床の剛性は、木造住宅の強さのポイントといえます。地震や台風などの横揺れによる水平方向からの力にもしっかり耐え、建物の変形、ねじれを防ぎます。 一般的に剛性床を採用している木造住宅では、二階床面に24㎜の構造用合板を梁に止めつけて一体化させています。山下工務店では、一階の床もこの剛性床として強度を増しています。

地震、火災に強く、快適な木の特性

木は、コンクリートや鉄などと比べて、強度にとても優れています。
「圧縮強さ」はコンクリートの5倍。「ひっぱり強さ」は鉄の4倍です。このことから、耐震性に優れているといえます。
また、熱伝導率が低く、火災にも強いといえます。熱が加わると急激に強度が低下し、500℃で曲がってしまう鉄やアルミニウムに対し、木はある程度の厚みがあれば表面が焦げるだけで、それ以上はなかなか燃えません。
木造住宅が夏は涼しく冬は暖かいのは、木の熱伝導率の低さから、外気温の影響を大きく受けないためです。また、木には調湿作用があるといえます。
木は、空気を吸ったり吐いたりしています。湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥していると水分を放出します。

匠の技でホンモノの家づくり

人に優しい素材、木材。強度が高く適度の調湿性・吸音性と温かみがあります。 そんな木材を匠の技で「ホンモノの家」に仕上げます。

PAGE TOP

収納 間取り 内装・シックハウス対策 バリアフリー対策

住宅を設計する上で、収納は多くほしいもの。
でも法的規制などの要因もあって建築できる面積は限られてきますし、部屋をなるべく広くしたいですよね。
収納には、普通の物入れや押入れなど一般的ですが、納戸として広めに計画したり、主寝室に隣接してウォークインクローゼットを作る方も多いです。

お客様それぞれにあった設計をさせていただきます。
部屋数はいくつほしいか、和室をどのように利用するのか。もちろん日当たりや風通し、生活動線などのアドバイスも入れさせていただき、お客様の為だけの新築住宅の設計図となるのです。

改正建築基準法に基づくシックハウス対 策では、内装仕上げの制限、換気設備設置の義務付け、天井裏などの制限、クロルピリホス対策があります。しかしながら、現代では様々なアレルギーなどがあり、クロスを一枚も貼りたくない等、気にされる方もいらっしゃいます。
お客様のご要望に応じて、壁にはクロスを貼らず自然素材の塗り壁にするなど、対策をさせていただきます。

バリアフリーというと、段差をなくすことをイメージする方が多いようですが、高齢者だけでなく、すべての人に障害となるものを取り除き、生活しやすくすることを意味します。
たとえば和室の入り口の段差ですが、小さい段差はつまづきやすいので、段差をなくしてフラットにするか、段差をもっと大きくしてわかりやすくするなど、方法は様々です。

1F 1 2 3 4 5 6 7
2F 1 2 3 4 5 6 7 8
適正価格

設計から施工まで、一貫体制による「直接施工」です。
また、有名タレントを使った高額なCMなどはいたしません。
地域性にあった適量の広告のみを出稿することにより、広告費を抑えています。無駄なコストを削減し、日々適正価格を心がけています。

PAGE TOP

ページの先頭へもどる