耐震リフォーム

平成7年1月17日の阪神淡路大震災では10万棟(18万世帯)を超える住宅が倒壊し、地震直後に亡くなった5000人を超える死者の内、9割が住宅の倒壊による圧死でした。
この大きな被害から地震に弱い住宅の実態と、耐震改修の重要性が改めて明らかになりました。
地震に備えて自らと地域を守るため是非耐震改修を行い、地震に強い住宅としてください。

耐震性を決める5つのポイント
Point 1. 地盤

建物の揺れは、地盤の状態に大きく左右されます。
軟弱地盤では、壁量も基準の1.5倍が必要です。

Point 2. 重量

地震力は建物の重量に比例します。耐震性能を高めるには建物を軽くすることが望ましいといえます。

Point 3. 壁

木造住宅では、主に地震力を壁が負担するため必要な壁量が定められています。

Point 4. 床

水平構面である床の剛性が十分でないと、壁の耐力にも影響があります。

Point 5. 接合部

軸組工法の建物は土台、柱、梁などの接合部分に一定の強度を確保することが定められています。

RC耐震 木造リフォーム耐震 木造リフォーム耐震
耐震診断のすすめ

越谷市では、市で実施した簡易耐震診断の結果が「危険」と出た建物を所有する方へ、「越谷市既存建築物耐震診断補助金交付要綱」に基づき、耐震費用の一部を補助する制度があります。
耐震に関することも、ぜひ山下工務店にご相談ください。

耐震診断補助金交付の対象建築、対象者について

お客様の安心安全のため、私たちがお手伝いいたします! 山下工務店の耐震診断士

耐震診断についてのお問い合わせはこちら

PAGE TOP

耐震シェルターについて

ページの先頭へもどる